2013年01月14日

子どもの「安全指定席」

 乳幼児の死亡原因のうち、事故の占める割合が高いいことはあまり知られていません。中でも交通事故は最も身近に感じるものです。良く見かける光景ですが、助手席で子どもをだいて車に乗っている親子が非常に多いのです。この状態で事故にあったら、命を落とすのは子どもで、助かるのは大人です。どんなに愛情が強い人でも、事故の瞬間、約7倍に増える体重を支えきれる人はいません。
 チャイルドシートが義務化になってずいぶんと時間がたちましたが、自分たちの手で命を守る意識は、病気から命を守る意識よりはるかに低いようです。飲酒運転のように高額な罰金を科さないと命を守る意識は根付かないのでしょうか。子どもの命を守るのはチャイルドシートです。取り付けをしっかりすれば高価なものでなくても充分に機能してくれます。家族が付けたチャイルドシートが、子どもの「安全指定席」になればいいですね。
150×165うさぎチャイルドシート.gif
posted by サンガこども園 at 08:00| 子どもの事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。