2014年09月25日

謝罪

 なかなか謝罪しない欧米人に比べて日本人はすぐにあやまると言われてきましたが、最近、日本人はあやまらなくなったそうです。うかつに謝罪して予期せぬ事態になることもあるので、謝罪は簡単にしてはならないのは当然でかもしれません。
 しかし相手が不満を訴えている時、どのように対応するかで、その個人や所属する組織の質がわかるものです。
 人間関係の維持には、必要な謝罪というものがあると思います。若者だけでなく「自分は悪くない」「自分のせいではない」という声が次第に多くなっているのではないでしょうか。
 今一度、社会の一員としてどうあるべきなのか、考えてほしい。
posted by サンガこども園 at 07:47| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。