2016年02月12日

ジカ熱とは?

 中南米で流行しているジカ熱は、ジカウイルスを持った蚊(ネッタイシマカ・ヒトスジシマカ)に刺されることによって生じる感染症です。症状は、発熱・頭痛・眼球結膜充血・皮疹・関節痛・筋肉痛などがあります。又、感染しても症状がないか、軽い症状のため気がつかないこともあります。今のところワクチンは開発されていません。治療法はなく、症状に応じた対症療法が行われます。合併症としてギラン・バレー症候群※を発症することが報告されています。
発生が報告されている地域
 感染リスクのある地域は、アフリカ、中央・南アメリカ、アジア太平洋地域で、最近はブラジルを中心に中南米に感染が拡大しています。ブラジルにおいて小頭症の新生児が増えており、ジカウイルスとの関連が示唆されています。このため、妊婦の方は流行地域への渡航を控えたほうが良いとされています。やむを得ず渡航する場合は、厳密な防蚊対策をすることが必要です。
予防対策
 流行地域では、長袖、長ズボンを着用して、蚊の忌避剤を使用し、蚊に刺されないように注意しましょう。感染リスクのある地域から帰国された際に、心配な事がある方は、検疫所または最寄りの保健所等に相談してください。
※ギラン・バレー症候群
 ギラン・バレー症候群は急性の末しょう神経障害で、運動麻痺を起こし、両手両足に力が入らなくなり動かせなくなります。症状は遅くとも1か月以内にピークに達し、その後徐々に回復、6〜12か月で多くの患者はほぼ完全に回復します。
posted by サンガこども園 at 23:58| 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。