2018年01月01日

炊飯器や電器ケトル等による、乳幼児のやけど事故に御注意ください

炊飯器火傷.pngポット火傷2.png
【使用環境に注意し、安全に配慮された製品で事故防止を】
 炊飯器や電気ケトル等による子どものやけど事故は、特に乳幼児の報告が多く、
入院を要するなど重症の事例も多いため、注意が必要です。
 乳幼児を中心とした子どもが、これら炊飯器や電気ケトル等によるやけど事故
にあわないよう、保護者の皆様は次のようなことに配慮してください。
【事故防止のための注意ポイント】
● 乳幼児の行動範囲で、炊飯器や電気ケトル等を使用しないようにしましょう。
 高温の蒸気や転倒して熱湯に触れるおそれのある炊飯器や電気ケトル等の製品は、
乳幼児の行動範囲で使用しないようにしましょう。
● 乳幼児が、使用中の炊飯器や電気ケトル等へ近付かない対策を実施しましょう。
 これらの製品を使用している場所に乳幼児が立ち入らないよう、ベビーゲートを置
くなど安全対策を実施しましょう。
● 電気ケトル等の容器内には熱湯が入っていることに注意しましょう。
 電気ケトル等は、乳幼児の力でも倒れてしまうことがあり注意が必要です。容器内
には熱湯が入っていることを忘れずに注意しましょう。
● 安全に配慮された炊飯器や電気ケトル等を利用しましょう。
 蒸気が出ない、炊飯中にふたが開かない等の機能のある炊飯器が販売されています。img03.pngマークが付いている電気ポットや電気ケトルは、転倒時に湯こぼれしにくい
( 転倒流水防止)構造となっています。また、子どもへの配慮、子ども目線を持った
良質な製品・サービスなどを顕彰する「キッズデザイン賞」があります。過去に、
炊飯器や電気ポット、電気ケトルがキッズデザイン賞を受賞しています。事故を未然
に防ぐために、これらの安全に配慮された製品を選ぶようにしましょう。 マークが
付いていない電気ポットや電気ケトルの中にも、転倒流水防止構造があり、製品に
表示をしているものがあります。
   ●   ●   ●
img03.pngマークは、電気用品安全法を補完し、電気製品の安全のための第三者認証制度です。
Sマーク付電気製品は、第三者認証機関によって製品試験及び工場の品質管理の調査が行われている証です。
・丸はGlobe(地球)を表すとともに「認証を利用する事業者」「認証を行う認証機関」
「認証製品を販売する事業者」「認証製品を使用する消費者」間の信頼の和を表します。
・SはSafety(安全)を表します。
・丸とSが合体した 全体は、安全性認証関係者間の変わらぬ信頼関係で成り立つグローバルな
観点に立った安全性認証を表しています。
実際の認証製品には、img03.pngマークと、製品を認証した機関のロゴマークと組み合わせて表示されます。
    ●   ●   ●
 キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」
「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選
び、広く社会へ伝えることを目的としています。子どもが使う製品はもちろん、大人、
一般向けに開発されたものもあり、子どもや子育てへの配慮があります。
 日用品から住宅、街づくり、ワークショップ、調査研究まで幅広い分野が対象となって
います。受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められます。
【出典】消費者庁消費者安全課 TEL:03(3507)9200(直通) FAX:03(3507)9290 
            HP:http://www.caa.go.jp/
posted by サンガこども園 at 16:25| 子どもの事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。