2016年03月11日

中耳炎とは?

chugi.png 
 鼓膜の奥の部分を、「中耳」といいます。中耳炎は、この中耳に何らかの原因で炎症ができる病気です。中耳は、“耳管”と呼ばれる管で、口や<鼻とつながっています。口や鼻に侵入した肺炎球菌やインフルエンザウイルスなどが、さらに奥に入っていき、中耳に入って感染します。子どもは、免疫が未発達で抵抗力が弱く、かぜをひいたあと、これらの細菌やウイルスが中耳へ入ってしまいがちです。そのため、大人に比べ、中耳炎を発症しやすいのです。
中耳炎のタイプ
 中耳炎は、症状や経過などによって、次のようなタイプに分けられます。
【急性中耳炎】
 細菌やウイルスなどの感染により、中耳に急性の炎症が起きた状態です。急性中耳炎にかかると、鼓膜が赤く腫れ上がり、水ぶくれができたりします。ひどい場合は、鼓膜が破れてしまうこともあります。しかし、一旦破れても小さな孔(あな)なら自然に塞がり、聴力に影響が出ることもありません。乳幼児期に多く、生後1歳までに約60%、3歳までに約80%がかかるといわれています。症状は、耳の痛みから始まります。耳から膿(うみ)が出る耳だれや、発熱を起こすこともあります。急性中耳炎が治りきっていないと、反復性中耳炎や滲出(しんしゅつ)性中耳炎に移行することがあります。また、鼓膜の孔が塞がらない慢性中耳炎になることもあります。耳の痛みや違和感を、なかなか言葉で表現できない乳幼児は、ぐずる、夜泣きをする、しきりに耳をいじる、などで表現することがあります。これらのサインを見逃さないようにしましょう。
【反復性(はんぷくせい)中耳炎】
 急性中耳炎が6か月以内に3回以上、1年以内に4回以上発症した場合、反復性中耳炎と診断されます。2歳児未満に多く、最近は増加傾向にあります。
何度も急性中耳炎にかかる理由の1つに、乳幼児は免疫の働きが弱いことがあげられます。一度急性中耳炎にかかると、抗菌薬などで治療しても、次々に新しい細菌やウイルスに感染しやすいのです。抗菌薬が効きにくい“耐性菌”が増え、既存の抗菌薬では効果が不十分になることも、要因の1つです。一方、急性中耳炎が治ったと勘違いして薬の服用をやめてしまい、残った菌によって再び悪化するケースもあります。
【滲出性(しんしゅつせい)中耳炎】
 何らかの原因で、中耳に“水”がたまった状態を、滲出性中耳炎といいます。水の正体は、滲出液と呼ばれる、中耳にたまった血液成分のうちの、水やたんぱく質などが染み出してきたものです。皮膚をすりむいたときに、にじみ出てくる液体と同じようなものです。滲出性中耳炎の原因の1つは、急性中耳炎を起こしたあとの細菌の残骸に反応して滲出液がたまることです。副鼻腔炎、上咽頭炎、アレルギーなども、原因になります。滲出液は、中耳にたまり過ぎると、難聴の原因になったり、滲出液そのものが炎症を起こしたりしてしまうことがあります。
 滲出性中耳炎は、赤ちゃんより2〜3歳の幼児期から学童期に多く、子どもの難聴の原因として、最もよく見られるものです。聞こえが悪くなっても、周りの大人は気付きにくいものです。しきりに耳を触ったり、呼んでも返事をしない、活発さがなくなる、テレビに近づいて見る、聞き違いが多いなどが、難聴のサインです。
posted by サンガこども園 at 14:36| こどもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

溶連菌感染症 〜子どもに多い「のど」の病気〜

 お子さんが「のどが痛い」という時、その大部分はウィルスか細菌に感染してのどに炎症を起こしています。ウィルスによる場合が多いのですが、細菌では合併症が心配な「溶連菌感染症」が子どもに多い病気です。
溶連菌感染症とは?
 溶連菌感染症とは「溶血性連鎖球菌」と呼ばれる細菌の感染によっておこる病気です。主に「のど」に感染して咽頭炎や扁桃炎、それに小さく紅い発疹を伴う猩紅熱(しょうこうねつ)等の病気をひき起こします。
潜伏期間
 感染して症状があらわれるまでの潜伏期間は2〜3日です。
主な症状
◇ 0歳代
 あまり感染することはありませんが、ゼロではないので油断は禁物です。熱や発疹があらわれず、咽頭炎や
扁桃炎の様なのどの風邪症状だけのことが多いです。
◇ 1〜2歳代
熱や発疹があらわれず、不機嫌、リンパ腺がはれる等の症状が出ます。風邪と見分けにくく、のどの痛みは扁桃炎に似ています。
◇ 3歳以上
はじめは咽頭炎や扁桃炎の様なのどの風邪症状です。39℃前後の急な発熱があり、のど全体が赤くなります。痛みが強く、はきけや嘔吐、頭痛、腹痛、ときには筋肉痛や関節痛が出たりします。又、首のリンパ節がはれたり、中耳炎などを起こすこともあります。そして、体や手足に小さい紅いかゆみのある発疹が出たり、舌にイチゴのようなブツブツ出たりします。
合併症
医療機関に受診して薬を飲み始めると1〜2日で熱が下がり、のどの痛みもやわらいできます。発疹が出た場合、皮むけが認められることがあります。薬はお医者さんから指示された期間はしっかりと飲んで下さい。そうしないと心臓弁膜に障害などを起こすリウマチ熱や急性腎炎といった合併症につながることがあります。合併症は他に肺炎、髄膜炎、肺血症があります。
ご家族への感染に注意!
 セキやくしゃみ等の飛沫感染や溶連菌に汚染された食品から感染することもありますので、ご家族への感染に注意しましょう。一度感染しても再度感染します。又、大人でも感染します。
ホームケア
 食事はのどに刺激の強いものは避けてください、のどごしの良い、消化の良いものにしてください。入浴は
熱が下がれば問題ありません。食べることがつらそうでしたら、水分だけでもしっかりあげましょう。
予防法
 予防接種のワクチンはありません。一年を通して感染しますが、特に冬と春から夏の期間に流行するようで
す。うがいや手洗いをし、感染者との接触は避けましょう。
登園できる基準
適切な抗生剤による治療開始後24時間以内に感染力はなくなりますので、それ以降に全身状態が良くなったら登園は可能です。お医者さんに「治癒(ちゆ)証明書」を発行してもらってください。
posted by サンガこども園 at 21:54| こどもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

保健便り2014年8月号

posted by サンガこども園 at 16:43| こどもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

保健便り2014年7月号

posted by サンガこども園 at 22:24| こどもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

赤ちゃんの肌のトラブル ビジュアル版

111.png
【PDF】
※画像や文章など自己責任で引用はご自由に。連絡は不要です。
posted by サンガこども園 at 06:58| こどもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

2014年04月09日

薬の飲ませ方

posted by サンガこども園 at 17:26| こどもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

発熱は成長のための1ステップ?

posted by サンガこども園 at 09:01| こどもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

発熱について

posted by サンガこども園 at 18:00| こどもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

検温

posted by サンガこども園 at 08:56| こどもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする