2015年10月12日

サンガこども園ダイアリーの再開

1年余りこのダイアリーはお休みしておりました。このたび再開することになりました。今後ともよろしくお願い致します。
posted by サンガこども園 at 15:05| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

謝罪

 なかなか謝罪しない欧米人に比べて日本人はすぐにあやまると言われてきましたが、最近、日本人はあやまらなくなったそうです。うかつに謝罪して予期せぬ事態になることもあるので、謝罪は簡単にしてはならないのは当然でかもしれません。
 しかし相手が不満を訴えている時、どのように対応するかで、その個人や所属する組織の質がわかるものです。
 人間関係の維持には、必要な謝罪というものがあると思います。若者だけでなく「自分は悪くない」「自分のせいではない」という声が次第に多くなっているのではないでしょうか。
 今一度、社会の一員としてどうあるべきなのか、考えてほしい。
posted by サンガこども園 at 07:47| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

命を守る行動

「こんな体験は初めて」 と良く報道などを通して聞かけます。 それは初めて体験するような災害が頻発しているからでしょうか? 広島の土砂崩れでも、データーを示さずに「記録的」といい「観測史上最大」と言っていました。そして気象庁は「直ちに命を守る行動をして下さい」と言います。
今年の台風11号で避難指示が出たある市では、約30万人が避難対象だったのに、180人しか避難しなかったといいます。これは「大げさな表現がもたらす典型的な現象」ではないでしょうか。「命を守る行動」がなんなのか全くわからないからです。
posted by サンガこども園 at 04:53| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

異常気象?

 いつ頃からか、猛暑、熱帯夜などという大げさな名前がつきました。そして大雨がいつの間にかゲリラ豪雨とかいう味もそっけもない言葉になり、締め切ったエアコンの部屋の中ですごすことが多くなりました。
 異常気象と言い、地球温暖化と言い、私たちは何かを恐れているようです。もしかすると、治水政策の遅れを隠すため役人とマスコミが共同で私たちをだまそうしいているのではないかと勘ぐりたくなります。
netyu.png
posted by サンガこども園 at 07:54| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

「想定外」は想定できない?

 10月26日未明、福島県沖を震源とするやや強い地震があり、福島県内には一時、津波注意報が発表されました。震災から2年半余り経過していますが、強い余震はまだまだ続いているのだなと思いました。
 最近、「経験したことのないような大雨」という表現よく聞きます。台風26号で伊豆大島での雨の降り方は、まさに そんな感じだったのでしょう。噴火に対しては敏感な大島島民でしたが、水害には無防備だったことがこの災害でよく分かってしまいました。「想定外」は想定できないから、起きた時に対処が難しい。普段の生活でもう少し想像力を持つべきなのでしょう。
地震.bmp
posted by サンガこども園 at 16:52| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

栗のイガ

 栗のイガのすごさ、さわれないのは人間だけではない。木の実を狙うあらゆる動物から守られているのだ。過剰なまでの、いやうらやましいほどの護身である。もの言わぬ木の実でさえ、かくも手堅く身を守るのに、私たちは身の守り方を全く知らない。原発は不安な状態なのに傍観していて良いものか。せめて身の安全だけは自ら守りたい。トゲトゲ武装で戦闘モードの栗が凛々しく見える。
180×120栗.jpg
posted by サンガこども園 at 17:20| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

ゴールデンウイーク

 ゴールデンウイークのような大型連休を秋にも作ろうという意見があるらしい。祝日をいくつかまとめれば可能になるという。連休が増えても道は混み、旅行費用が高くなるだけで、もうかるのは限られた業種だけだと考えられる。成人の日、敬老の日、体育の日など、日付に意味があった祝日が、連休を増やすためだけに月曜日になって、結局はその意義を失ってしまっている。
 いつから日本人はそんなに休みが必要になったのだろう。日本人の有給休暇を使い切る割合は世界でも低い方だ。周囲が皆休むのならいいが、家族や自己理由に休暇は取れないのが現実。国に休めと言われなければ休めないとしたら、何とも情けない話である。
golden.png
posted by サンガこども園 at 15:14| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

一雨ごとに確実に秋が近づいています。

 一雨ごとに確実に秋が近づいています。あっという間に年末になりそうで、慌ててしまいます。
 東京オリンピック、パラリンピックの招致に沸いたのはつい先日でしたが、正直なところ私には「遠い話」にしか思えません。決定時の華やかさはまぶしいばかりでしたが、地方への経済効果は果たしてどれだけあるのでしょう。東北の復興も福島の問題もそのままの今、諸手をあげて喜べない人は少なくないと思います。さらに北海道の鉄道事故の多さをそのままにして、リニア中央新幹線が2014年に着工され、品川と名古屋の間を40分でつなぐという。
 日本は狭い国土なのに地方は中央からは恐ろしく遠い感じがします。何とかならないものか。歯がゆいばかりの秋です。
180×120栗.jpg

posted by サンガこども園 at 09:29| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

子どもの貧困

 「貧困の連鎖」という言葉があります。親の貧困が原因で、子の学業の機会がうばわれ、その結果、子どもも貧困におちいるという悪循環をいいます。貧困がまるで身分のように世代を超えて取り付き、若者の夢をうばい、国の未来をうばってしまいます。
 「子どもの貧困対策法」が先月、国会で成立しましたが、日本の子どもの貧困率は先進国中、最悪です。貧困の連鎖を断つため、国を挙げて取り組んでもらいたいものです。
189×189悪がき.jpg


posted by サンガこども園 at 17:08| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

おもちゃについて

 おもちゃに関する考えは色々とあり、いずれが正論というようなものはありません。小さい頃に最も心に残ったおもちゃ、楽しかったおもちゃ(あそび)は何だったでしょうか?人それぞれだと思いますが、おもちゃ(あそび)はその人となりをよくあらわしているということ、あそび(遊び方)やどんなあそびが好きであるかということは、その人そのもの、その人の生き方をよく表しているという事に気付かされます。
 保育園としては、おもちゃに対して求めることはなんといってもまずは安全性です。おもちゃの安全性については、大きさ、形態、塗料、強度などについて詳細な決まりがあります。安全性の問題で多くの遊具が全国で公園から撤去されていると言われます。管理コストの問題や事故が起きたときの管理責任の問題が原因かと思いますが、何でもかんでも危険だという理由だけで禁止するのは、危険だから外では遊ばせるなという極論に聞こえて来ます。「安全性」ということの本質を見据える必要があります。
267×267室内遊び.jpg
posted by サンガこども園 at 17:40| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする