2014年09月25日

謝罪

 なかなか謝罪しない欧米人に比べて日本人はすぐにあやまると言われてきましたが、最近、日本人はあやまらなくなったそうです。うかつに謝罪して予期せぬ事態になることもあるので、謝罪は簡単にしてはならないのは当然でかもしれません。
 しかし相手が不満を訴えている時、どのように対応するかで、その個人や所属する組織の質がわかるものです。
 人間関係の維持には、必要な謝罪というものがあると思います。若者だけでなく「自分は悪くない」「自分のせいではない」という声が次第に多くなっているのではないでしょうか。
 今一度、社会の一員としてどうあるべきなのか、考えてほしい。
posted by サンガこども園 at 07:47| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

園児のための視力検査マニュアル

視力検査を受けましょう!
乳幼児は自分の目の見え方が正常なのかどうか判断できません。親やまわりの人にも気づかれずに放置されがちです。
〜 弱視や斜視について 〜
子どもの視力の発達が何かの原因で妨げられてしまうと弱視になります。斜視は外から見てわかりますから眼科に受診されますが、遠視などによる弱視は外から見てわからないので受診が遅れる場合が多いのです。3歳までに何らかの治療をすれば多くのお子さんの視力は回復しますが、6 歳までに行われないとほとんど効果は期待できないと言われます。お子さんの目に少しでも心配な点がありましたら、なるべく早く検査を受け、治療しなければなりません。
 ほとんどのお子さんは3 歳が過ぎるころには視力検査ができるようになります。弱視は早期発見し、早期に治療をすることで良好な結果が得られる場合が多いのです。
 3 歳を過ぎましたら眼科医師による視力検査を受けることをおすすめします。
【参考】園児のための視力検査マニュアル(日本眼科医会)

posted by サンガこども園 at 13:50| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

2014年09月01日

えほんのお部屋通信2014年9月号

posted by サンガこども園 at 23:22| 保育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保健便り2014年9月号

posted by サンガこども園 at 22:28| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食事予定献立表2014年9月号

posted by サンガこども園 at 22:25| 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンガ通信2014年9月号

posted by サンガこども園 at 21:44| 保育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

命を守る行動

「こんな体験は初めて」 と良く報道などを通して聞かけます。 それは初めて体験するような災害が頻発しているからでしょうか? 広島の土砂崩れでも、データーを示さずに「記録的」といい「観測史上最大」と言っていました。そして気象庁は「直ちに命を守る行動をして下さい」と言います。
今年の台風11号で避難指示が出たある市では、約30万人が避難対象だったのに、180人しか避難しなかったといいます。これは「大げさな表現がもたらす典型的な現象」ではないでしょうか。「命を守る行動」がなんなのか全くわからないからです。
posted by サンガこども園 at 04:53| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

えほんのお部屋通信2014年8月号

posted by サンガこども園 at 16:47| 教育・しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保健便り2014年8月号

posted by サンガこども園 at 16:43| こどもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食事予定献立表2014年8月号

posted by サンガこども園 at 16:39| 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンガ通信2014年8月号

posted by サンガこども園 at 16:36| 保育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

異常気象?

 いつ頃からか、猛暑、熱帯夜などという大げさな名前がつきました。そして大雨がいつの間にかゲリラ豪雨とかいう味もそっけもない言葉になり、締め切ったエアコンの部屋の中ですごすことが多くなりました。
 異常気象と言い、地球温暖化と言い、私たちは何かを恐れているようです。もしかすると、治水政策の遅れを隠すため役人とマスコミが共同で私たちをだまそうしいているのではないかと勘ぐりたくなります。
netyu.png
posted by サンガこども園 at 07:54| 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

ヘルパンギーナが流行しています

【のどの奥に水疱ができ、いたがります。】
 毎年6〜8 月に流行する「夏かぜ」の代表的な病気です。エンテロウイルスやコクサッキーウイルスが口などから飛沫(ひまつ)又は接触感染して2〜4日程度の潜伏期間の後に、38℃〜40℃位の高熱が2〜3日間続き、のどの奥に小さな水ほうや口内炎ができて痛いので食べられなくなることがあります。又、おうと、頭痛、腹痛などの症状がある場合があります。特に赤ちゃんは口の中の痛みのため不機嫌、拒食、ミルクを飲まなかったりしますので、脱水症に気をつけましょう。熱が下がったら2〜3日以内に回復します。この病気は通常、高熱とのどの痛み以外は症状が軽く、あまり心配することはありませんが、熱性けいれんに気をつけ、まれに無菌性髄膜炎や急性心筋炎を合併することがありますので早めに受診してください。
【食事はのど越しの良い、口あたりの良いものを! 】
 のどの水疱がひどくなると、よだれを飲み込むのさえ痛がります。食事は柔らかく、のど越しの良いものにしましょう。お粥やうどん、豆腐、アイスクリーム、ゼリーなどが良いでしょう。又、水分を十分にとるようにしてください。
【こんな時は要注意!】
@ 口の中の痛みが強く、水分をあまり取らないとき
A 高い熱が3日以上続くとき
B 元気がなくぐったりしているとき
【予防法】
@ 飛沫感染、接触感染しますので、「手洗い」、「うがい」は必ずしましょう。
A ウィルスは人間の腸で増え、大便に出ますので、オムツ、下着、ふとん、床、椅子、おもちゃ等が汚染されます。オムツがえには使い捨て手袋などを使用し、洗濯物は日光にあてて乾燥させるようにしましょう。
B なおった後も3〜4 週間は便にウイルスが排泄されるため、手洗いは徹底しましょう。
【治療】
特別な治療法はなく、発熱や頭痛に対する対症療法が中心となります。発熱などつらい症状を緩和する治療が中心です。
【登園は?】
熱が下がって口の痛みがなくなるまでは休んだほうがよいでしょう。
posted by サンガこども園 at 16:40| 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

えほんのおへや通信

posted by サンガこども園 at 22:31| 教育・しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保健便り2014年7月号

posted by サンガこども園 at 22:24| こどもの病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食事予定献立表2014年7月号

posted by サンガこども園 at 22:17| 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンガ通信2014年7月号

posted by サンガこども園 at 22:13| 保育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熱中症に気をつけましょう!

 熱中症は例年、5月頃から発生し、7月下旬から8月上旬に多く発生する傾向にあります。急に気温が上がった時や、熱帯夜の翌日などは発生しやすいので注意しなければなりません。
〜 こんな人は要注意です 〜
 肥満の人、体調の悪い人、持病のある人、高齢者、乳幼児、暑さに慣れていない人
〜 意識があるなら休息、冷却、水分補給を 〜
 熱中症が疑われた場合は、まず名前を呼んだり、肩をたたいたりして、意識があるか確認します。意識がない場合はすぐに救急車を呼びましょう。
 意識がある場合は、衣服をゆるめたり、ぬがしたりして涼しいところや風通しの良いところで休ませます。アイスパックなどをわきの下にはさんだり、首の両横、股の間にあてたりして体を冷やしますが、震えが起きるほど冷やし過ぎないようにしましょう。ウチワなどで風を送るのも効果的です。水分と塩分の補給をしますが、自力で水分を取れない時は医療機関に行きましょう。
子どもの熱中症の予防法
 お子さんは体温調節の仕組みが十分発達していません。遊びに夢中になって活発に動き続けたり、おとなしくしていてもまわりの気温が高かったりすると一気に汗をかき、脱水になってしまうことがあります。そうすると汗が出せなくなり、体温がどんどん上昇し危険な状態になってしまいます。
対策ですが、
@ お子さんを十分観察しましょう。
 顔が赤く、ひどく汗をかいている場合は深部体温(体の中心部の体温)がかなり上昇していると思われる
ので涼しい場所で休息させましょう。
A 服装を選びましょう
 服装は通気性がよく、汗をよく吸い取るもので、外出するときは帽子もかぶりましょう。服がぬれるほ
ど汗をかいたら、ふき取って着替えをさせましょう。
B のどがかわく前から水分をこまめにとらせましょう。
 甘いジュースは満腹感が出て飲めなくなってしまうことがあるので、冷たい麦茶が良いです。
C 日頃から暑さに慣れさせましょう。
 日頃から外遊びを多くし、暑さに慣れさせましょう。
D アソファルトなど地面に近いほど気温が高い。
 気温が高い日に散歩などをする場合、地面に近いほど気温が高いので注意してください。
 お子さんが「具合悪い」と言い出してからではなく、熱中症の症状に大人が早めに気づいてあげることが大切です。暑いのに汗が止まってしまう、元気がなくなったり機嫌が悪くなったりする、ふらふらしている、顔が真っ赤になったり逆に青白くなる、などに気づいたらすぐに風通しのよい日陰や涼しい場所で休ませて下さい。ぬれタオルなどでわきの下、首筋、おでこや後頭部を冷やしてください。
 震えていたり、吐き気があって水分がとれないときはただちに受診が必要です。体を冷やしながらすぐに病院に向かってください。
 意識がもうろうとしているときはすぐ救急車を呼び、体を冷やしながら到着を待ってください。
 こんな大変なことにならないように、熱中症を上手に予防して、楽しい夏を過ごしましょう。
【PDF】
netyu.png

posted by サンガこども園 at 09:26| 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

えほんのおへや通信2014年6月号

posted by サンガこども園 at 13:34| 食育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする